ぽんのこつ

青年海外協力隊ソロモン看護師隊員の備忘録です。

犬たち

1月にもともと買ってた犬が出産で亡くなり、5匹の子犬を育てている話をブログに書きましたが、やはり生まれたばかりで母犬がいない環境は厳しいらしく、1週間と経たないうちに全員亡くなってしまいました。なかなかしんどく、結構泣いて落ち込みました。
子犬たちはみんな母犬のヌッピーと一緒の場所に埋めました。

f:id:hikari0408:20180520004306j:image2月3日の大雨の日に、全然知らない男の子が突然1匹の黒い子犬を抱えててきて、いるか?と聞かれたので、いります!と答え新しいヌッピーが我が家の一員になりました。
故ヌッピーはスヌーピー・バナナ・キラキラ
新ヌッピーはスヌーピー・フキ・ソルライス
ソルライスはソロモンでシェアNO1(多分)のお米の品種です。たくさんおいしいご飯を食べて大きくなるように。

f:id:hikari0408:20180520004305j:image子犬のヌッピーがきて3日程後、家の周りをちょろちょろする茶色い子犬が。お隣さんの飼い犬ルビーの子供で、なんだかうちに居座るようになりました。はじめは雄だと思っていたので、ルビーjrと名付けたのですが、じつは雌だったのでちょっと略してジュニと呼んでいます。耳が大きくてキツネみたいなので、ルビー・Jr・フォックスと最近決めました。

多分同じくらいの月齢で、ご飯を取り合いながら、というか気の強いジュニがあほなヌッピーのご飯を横取りしながら、2匹は仲良く育ってきました。f:id:hikari0408:20180520004858j:image
でもある朝、ヌッピーが向かいのゲストハウスのケーブルを齧ってカエルみたいな格好で感電死しているのが見つかりました。日頃からあほな子だとは思ってましたが、最期まであほでした。

そんなこんなで、犬を飼ったことのかなったわたしが2ヶ月の間に7匹も犬を看取るというなかなか飛び級で経験値をあげています。
f:id:hikari0408:20180520004307j:image残ったジュニは今度はお母さんのルビーとご飯を取り合いながら元気に暮らしています。お座りと待ては習得したので、今お手を教えてますがなかなか。立派な番犬に育てられるよう頑張ります。

カスタムメディシン

ソロモンにはカスタムメディシン、ホームメディシンなどと呼ばれる民間療法が結構一般的です。

f:id:hikari0408:20180520004249j:imageマーケットで子供が生まれるようになる飲み薬を$40(600円)で売るおじさん。10分くらい色々説明してくれて、購入を勧められたけど、ソロモンにいる間に子供ができちゃうのは非常にまずいので丁重にお断りしました。

f:id:hikari0408:20180520004247j:image生活習慣病クリニックに来た患者さんが見せてくれた糖尿病に効くというお花。週に一回煎じて飲むんだとか。花の色がピンクよりも白のものの方が効くそうです。

わたしのカウンターパートの看護師は生活習慣病の専門看護師ですが、糖尿病のカスタムメディシンは効き目があるって行ってました。本当…?

ソロモンでは怪我や病気になったりしても、特に病院から離れている所に住んでいる場合、数週間、数ヶ月何もせずに寝て過ごして、いよいよひどくなってから病院にくるということが珍しくありません。
その理由の1つには病院にくるのに何時間もトラックやボートに乗らなくてはいけない交通事情があります。
わたしの活動しているマキラウラワ州は、島の中に病院が1つ、あとは30ヶ所程看護師だけが駐在する小さな診療所やただ医薬品の置いてある救護所が点在しています。診療所の看護師はたった1人でその地域のお年寄り〜子供まで診て、そして時には出産介助まで行っていたりして本当にすごいのですが、診療所や救護所であっても医薬品が十分にあるわけではなく、看護師1人でできることは知識的にも技術的にも限られていて、やっぱり医療は不足します。そもそも診療所はあっても看護師が不在で閉鎖されてるところもあるようです。
だからカスタムメディシンが大切にされているのも分かるし、本当に効いてるのかもしれないし、病は気からというからそういった拠り所は必要だと思います。実際、糖尿病患者さんが病院の薬を飲まずにカスタムメディシンと食事療法と運動療法で血糖値のコントロールができるんだとしたらそれが1番です。

ソロモンは医療費がタダです。もし手術や検査のためにトラックやボートでくる必要がある場合はその手配や準備も病院が行います。だから、金銭面を理由に医療を受けられない人はいません。とてもいいことです。でも、だからなのか、病院に来たときに必要のない薬まで欲しがる人が多い印象です。
わたしが困っているのは高齢者に膝が痛いから、アモキシリン(ソロモンでメジャーな広範囲に効く抗生剤)をちょうだいとしょっちゅう言われること。最近は、腫れも赤みも熱感もないあなたの膝が痛いのは感染による炎症なんかじゃなくて、その体重と運動不足のせいだから、まず一緒にストレッチしましょって言って抗生剤の処方は断っていますが。具合が悪くて病院に行くと、なんでもかんでも解熱鎮痛剤とアモキシリンを出してとりあえず様子をみるように言う医療者側に1番問題があるのですが、とにかく抗生剤の適正使用がされてなさすぎて怖い…。

カスタムメディシンと抗生剤が、ちょっと試してみようかな、って同じノリで使われるソロモンで、疾病予防や適切な早期治療に対する意識を持ってもらうことが課題だなと感じています。医療者にも地域住民にも。


ブログの更新をずいぶんとさぼっていた間、活動がとびきり忙しかったわけでもなんでもないのですが、2年間の活動計画はぼちぼち出来上がりました。ソロモンの中でもとくにのんびりしたマキラにいつの間にやらすっかり適合してしまっているわたしですが、ソロモンの健康増進のお手伝いができるよう、サボらず頑張ります。

我が家

自宅について紹介します。

 

協力隊員の住居は基本的には配属先が提供することになっています。住居に関してはJICAの安全基準がいろいろとあり、窓にフェンスがついてることとかドアの施錠が3つ以上とかその他もろもろ条件を満たさなければなりません。ソロモン、とくにキラキラなどの地方にはリーフハウスもまだまだ多く、JICAの安全基準を満たす住居はなかなかありません。

f:id:hikari0408:20180128073219j:imageで、配属先であるキラキラ病院が提供してくれているのが、元州知事の家だった我が家。ベッドルームが3つ、シャワーや水洗トイレのついたとっても大きくて素敵なお家です。2〜3年ほど前から先輩隊員が代々暮らしているので、生活に必要なものは全て揃っていて、特に不自由なく暮らせています。

 

f:id:hikari0408:20180128073218j:imageまずキッチン。ガスコンロが2つとオーブンと冷蔵庫。ガスボンベは自分で交換します。買って持って帰ってくるのが重くて大変です。日本から送ってもらったり、首都で買ってきた調味料たちを大事に大事に使って毎日おいしいご飯を食べています。キラキラではマーケットで軽食的なもの(フィッシュ&チップス、パン、ドーナツなど)は売っていますが、もちろんレストランなんて存在しないので、如何に自炊環境を整え食生活を充実させるか、とても大切です。

 

 

f:id:hikari0408:20180127115505j:imageリビング。広い。キッチンカウンターがありますがすっかり食材の収納スペースです。毎朝、テーブルや床にたくさん落ちているヤモリのフンを掃除するところから始まります。洗濯物もどけずに写真をとったのはご愛嬌。


f:id:hikari0408:20180127124814j:imageバスルーム。お風呂というかシャワー。シャワーヘッドは付いてません。蛇口も機能しません。ホースから絶え間なくでる水を浴びます。使わないときは、紐でホースを縛ります。トイレは至って普通の水洗トイレです。

 

f:id:hikari0408:20180128053842j:image廊下。電球が切れていますが、天井が高すぎて交換できません。あとなぜかたまに床から水が出て来ます。病院に修理を依頼してますが、ソロモンタイムゆえ、なかなか事が進みません。生活に支障がないので、まあいいとしましょう。ところどころタイルの色が違う理由は知りません。

 

f:id:hikari0408:20180128073216j:imagef:id:hikari0408:20180128073157j:imageベッドルーム。マラリア対策に蚊帳必須。部屋の中に収納スペースが一切ないことだけが残念なポイント。でも首都で買った壁掛けの洋服入れが大活躍してくれています。ソファーの上にあるのはJICAから支給される防犯用メガフォンです。

 

f:id:hikari0408:20180309011131j:image正面玄関。バルコニーのタイルが取れかかっています。外側から鍵が掛けられないので、出入りは勝手口から。たまーに夜中、酔っ払いがきてノックされますが居留守を決め込みます。

 

f:id:hikari0408:20180312221413j:image勝手口とレインタンク。水道の水は川から直接引いてる水なので、雨の日は濁ります。料理や飲み水はレインタンクを使います。所詮これも屋根を伝って溜まった雨水ですが、とくにお腹を壊すこともなく過ごしています。


f:id:hikari0408:20180309011153j:image庭。生ゴミは庭の端っこへポイ、その他のゴミは別の端っこで燃やします。パイナップルが3つ生えていて収穫を楽しみにしてたのですが、いつの間にやら盗まれていました。我が家は通りに面していて、いろんな人が近道で庭を通り抜けて行くので小道ができてます。雑草が伸びていると、隣人から草刈りをしなさいと言われます。草刈りは病院のクリーナーさんに頼んでしてもらいます。お礼は缶ビール。ソロモンのお宅はみんなお庭の手入れがしっかりされていて、とてもきれいです。わたしもちゃんとお花植えたり野菜植えたりしたいです…そのうち。 

 

f:id:hikari0408:20180127125154j:image

日本ではずっと実家のマンション暮らしだったので、初めての一軒家、初めての1人暮らし(正確には今はまだ先輩隊員と2人暮らし)に毎日わくわくしています。大きすぎて掃除に時間が掛かるし、写真と文章で見返すといろいろ粗が見えますが、住めば都。2年間のんびり楽しく暮らしていきます。

こどもたち

最近、家に帰るとドアの前にプレゼントがあることが。f:id:hikari0408:20180309011437j:image近所の子供達がお花やココナツリーフで作った小物をせっせと置いてくれてるらしいのです。素敵。

 

毎日裸足と裸で走り回って海で泳ぐ。
朝でも昼でも夜でも「オハヨー!」と元気にご挨拶。
ココナツリーフではとっても上手にカゴやボールやうちわを編めるのに、折り紙は下手っぴ。
おもむろに庭から葉っぱを持ってきて、(強制的に)料理の仕方を教えてくれる。包丁の持ち方から指導してくれる熱血ぶり。
サトウキビの皮を歯で齧りとるたくましさ。
木登りがとっても上手で、スターフルーツグアバを採ってくれる。
ソファでお昼寝してるとそっと添い寝してくる。
白髪を発見して、嬉しそうに抜いてくれる。
一緒にお散歩に行くと「セキュリティする!」と前後左右を固めてくれる。
飼い犬が亡くなって泣いてたら、「スヌーピーが死んじゃった〜ららら〜♪」と即興の歌で慰めてくれる。
父、母、兄、姉の名前を執拗に聞いてくる。で、毎回教えるも一向に覚えない。
最初は目も合わせてくれない程シャイだけど、慣れるといきなり抱きついてきたりほっぺにチューをしてくるくらい人懐っこい。f:id:hikari0408:20180312221216j:image

そんなキラキラのかわいい小さなお友達が大好きです。あとは、同僚以外の大きなお友達も増えるようにがんばります。

LOCAL KAIKAI

またご飯について。前回紹介したのはお家で日本の調味料もフル活用しながら作った料理。でもソロモンのローカル料理だってもちろんおいしいです。
ただ、糖分・塩分・脂肪分過多と野菜不足が問題なだけ。本来のローカルフード(芋や葉物類)だけを使った食生活なら、とっても健康的なんですけどね。輸入されてくる白米やインスタントヌードルやツナ缶がよくないんです。でもおいしいくて手軽で安いからみんなたくさん食べる。

 

f:id:hikari0408:20180128071604j:image

写真上段は、ホストファミリーやお友達のお家で作って頂いたもの。ココナツミルクで炊いたご飯とツナ缶、鰹入りのキャッサバプディング、ミルキムバナナと鶏肉。どのお宅でもいつも食べきれない量のご飯を出してくれます。
写真中段はマーケットでコンテナに入って売られているもの。1つ$5=¥75と安いので、たまにお昼ご飯に買います。kumara(さつまいも)とソーセージと野菜の串焼き、バナナと貝のミルキム、ブレッドフルーツとかぼちゃの葉の煮物。中央の写真の貝のmilkimが今のところ私の中のNO1ローカルフードです。
写真下段はクリスマスや年末の集まりでのご馳走。お母さんたちが各家庭で作って持ち寄った料理をバイキング形式で並べて、これでもかとお皿に盛ってくれます。主食もおかずもデザートもぜんぶワンプレートに。

 

キラキラに来てから、ココナツをブッシュナイフで割って、実を削って、ココナツミルクを絞るところまではできるようになったので、今年はバナナのミルキムやキャッサバプディングやモツ(豚肉などをバナナの葉で包んで一晩石焼きにする料理)に挑戦したいと思います。あとマキラには6month puddingという伝統料理があるらしく。結婚式とか特別な時にしか作らない保存食らしいのですが、いつか食べてみたいです。
それとソロモンにはオポッサムという大きなねずみのようなモモンガのような動物や海亀を食べる文化もあります。他の地方隊員さんは結構食べてるみたいなので、ぜひ食べたい。

 

一昨日から大雨警報が出るほどのざーざー降りが続いていて、ちっとも外に出られません。同居している先輩隊員は雨で飛行機が飛ばず首都から帰ってこれません。暇すぎるのでずっとサボっていたブログをここぞとばかりに更新しています。

Kaikai lo Kirakira

キラキラでのkaikai(食事)について。

キラキラにはレストランはありません。ロティというカレーパンのようなものやバナナマフィンを売っているゲストハウスが一軒だけあります。あとはおばちゃんたちが路上で売ってるフィッシュ&チップス、パン、ドーナツ、揚げおにぎりなどをたまーに買ったりしますが、いかんせん脂っこい。お店でクラッカーやカップ麺も買えますが毎食それじゃあ味気ないし健康にもよくない。基本的にはマーケットで野菜や魚を、お店で冷凍の肉や卵やツナ缶を買って自炊しています。

 

野菜・果物はきゅうり、トマト、ピーマン、長ネギ、玉ねぎ、ナス、スリッパリーキャベツ(モロヘイヤ的なもの)、空芯菜、チャイニーズキャベツ(青梗菜的なもの)、フェン(なんだろ…青菜の一種です)、いんげん、かぼちゃ、さつまいも、キャッサバ、タロイモ、にんにく、ココナツ、レモン、バナナ、パパイヤ、パイナップルなど結構いろいろ買えます。ただ品揃えは日によってまちまちです。
魚は鰹、マグロ、タカサゴ、ニジハギ、その他よく分からないカラフルな魚たちがこれも日によって売ってたり売ってなかったり。
お肉は牛ミンチか鶏手羽の2種類のみ。レパートリーに大変悩まされます。卵はホニアラから船でくるので、タイミングが悪いと1〜2週間お目にかかれないことも。乳製品は牛乳か粉ミルク。チーズ、ヨーグルトはありません。
調味料は塩、砂糖、醤油(中国製)、トマトケチャップ、スイートチリソース、オイスターソース、カレーパウダー、サラダ油が買えます。

 

首都に上がったときは、豚肉や牛肉、パスタ、人参、キャベツ、白菜、しょうが、チーズ、そして調味料(オリーブオイル、ごま油、胡椒、酢、バジル、マヨネーズ、バター、オリーブ、白ワイン)をこれでもかと買い込みます。あとは奥の手、日本から醤油、わさび、梅、鰹節、顆粒だし、こんぶ、料理酒(ときおり晩酌用にもなります)、ごま、みそなどを郵送してもらいます。

 

で、実際のキラキラの食卓がこちら。どーん。f:id:hikari0408:20180128074739j:imageキャッサバコロッケ、冷やし中華、魚のタルタルホイル焼き、手羽ときゅうりのさっぱり煮、レーズンパン、ココナツパン、ツナパン、ごまパン、冷製カプレーゼ、ふろふき大根(胡瓜で代行)、蒸し鶏サラダ、フィッシュバーガー、キャッサバとネギのチヂミ、酢豚、すき焼き、ピザ、魚の姿揚げ甘酢あんかけ、漬け海鮮丼、あら汁、とんかつ、鳥モモ照り焼き、かぼちゃのポタージュ、三色そぼろ丼、カマ焼き、鰹のタタキ、トマトとツナのオムレツ、ポトフ、お赤飯とあんこ、シーフードパスタ、イカのホイル焼き、天ぷら、手羽のトマト煮、ゴルゴンゾーラパスタ、鶏ハム、ラーメン、焼きなす、インゲン胡麻和え、フェンのお浸し、ピクルス、空芯菜炒め、麻婆茄子、うどん、ナスとひき肉のココナツカレー、きゅうりとなすの浅漬け、白身魚カルパッチョ、豚の生姜焼き、えび茶碗蒸し、ハンバーグ…!

食事以外の楽しみが少ないこと、食欲がいつでも旺盛なこと、調理にかける時間がたくさんあること、そしてなにより同居している先輩隊員様が料理上手なおかげで、とっても充実した食生活を送っています。

 

ココナツやキャッサバなどローカルフードを使った料理もだんだんレパートリーが増えてきたので、そのうち詳しくご紹介したいと思います。
そしてできれば、生活習慣病対策の食事指導として、野菜たっぷりで塩分少なめで調理が簡単で安価でソロモン人の口に合うレシピをNCDクリニックで紹介したり病院のキッチンで取り入れてもらったりできるようにしたい…!
食べることは健やかに生きることの基本ですからね。精進します。

FUKI

FUKI(フキ)
マキラの現地語でバナナという意味です。

ソロモンでは、マキラといえばバナナ、バナナといえばマキラというくらい、わたしの任地キラキラのあるマキラ州はバナナの有名なところです。マーケットにも毎日たくさんのバナナが並びます。f:id:hikari0408:20180128054101j:image
12月に行われた隊員総会で、各隊員がグループに分かれて各州の文化や歴史、魅力などをプレゼンするという企画がありました。そこでわたしが発表したバナナ調査の結果をブログにも書いてみようかと思います。マキラには100種類以上のバナナがあるなんて、まことしやかに言われていますが果たして真相はいかに。

 

まずはキラキラの住民(主に同僚看護師)15人を対象にバナナに関するアンケートを行いました。
Q1.バナナは好きですか?
A. YES・・・100%
     NO ・・・・0%
→みんな即答。もれなくバナナ大好きでした。愚問でした。

Q2.どのくらいの頻度でバナナを食べますか?
A. everytime ・・・43%
     everyday ・・・29%
     weekly ・・・・21%
     monthly ・・・・7%
→なんと7割以上が1日1本以上のバナナを食べていることが判明。everytimeの人たちはそこにバナナがあればいつだって食べるとのことでした。確かに毎日お昼休憩で誰かしらがバナナを買ってきて、ナースステーションでみんなでシェアして食べてます。

Q3.マキラには100種類以上のバナナがある説は本当?
A. YES・・・・・・93%
     NO・・・・・・・0%
     I don't know・・・7%
→たった1人だけ、本当かどうかはちょっと自信がないわと答えてくれました。

Q4.バナナの種類いくつ言えますか?
A. 0〜3種類・・・・13%
     4〜10種類 ・・・67%
     10種類以上・・・20%
→1番多く答えてくれた人で、18種類でした。

 

次に、実際に挙がったバナナの名前を羅列してみます。
FUKINIHAKA,FUKITAPI,FUKIGARI,FUKIHAHI,FUKIWARA,FUKITOPA,FUKIBABA,FUKIWAKENA,FUKIGITAGITA,FUKIGUE,FUKIWAGAE,FUKITAHI,FUKIWAHU,FUKIRAHU,FUKIMATAWA,FUKIBUKU,FUKITAMURA,FUKISAMOA,NYUGINI,MARETORAIRAI,RAIRAISINA,RAUMOSU,AGAKITAGAE,MMT,TOROKA(×14)…
なんとなんと。最後のトロカというバナナは名前は確かじゃないけど全部で14種類あるとのことでした。なので一応その14種類を入れたら38種類!!!キラキラの15人に聞いただけでこんなに種類が出てくるのなら、マキラ中探したら100種類のバナナも見つかるかもしれません。

 

キラキラのマーケットで実際にわたしが確認できたのは現時点では12種類ほど。一房3〜10ソロモンドルくらいです。一房がとても大きいので、1人だと1週間じゃ食べきれません。$10=¥150ほどなので、コスパ最強。
バナナの種類や熟れ具合によって、そのままデザートとして食べたり、milkim(ミルキム)というココナツミルクで煮る料理にしたり、スープに入れたり、バナナチップスにしたり様々です。わたしのお気に入りはトロカ。f:id:hikari0408:20180128054041j:image真っ二つに切って、チーズを乗せて、皮ごとオーブンで焼いて、スプーンで食べます。安納芋のようにホクホクと甘くてとっても美味いです。トロカは腎臓にもいいのよとマーケットのおばちゃんによく言われます。食べた後はおしっこが黄色くなります。

 

毎年6月頃にはバナナデーというお祭りがあって、それはそれはたくさんのバナナがマキラ各地から集まるそうです。2年間で何種類のバナナを食べられるか、楽しみです。