ぽんのこつ

青年海外協力隊ソロモン看護師隊員の備忘録です。

ヘアドネーションのすすめ

 

こんばんは。

 

ヘアドネーションってご存知ですか?

小児がん白血病、先天性の無毛症、不慮の事故などで髪の毛を失った18歳以下の子供たちに人毛100%の医療用ウィッグを無償で提供しているNPO法人 Japan Hair Donation & Charityの活動のことです。

一人一人の頭の形に合わせたウィッグを作成し、着用した状態で美容師さんが好みの髪型にカットし、フルオーダーメイドのONE WIGが完成します。

ヘアドネーションには31cm以上の長さが必要で、それが20〜30人分集まってようやく一人分のウィッグが完成します。髪質は問わず、カラー、パーマがしてある髪でも傷んでいても大丈夫です。

詳しくは、JHDAC(ジャーダック)のHP https://www.jhdac.org/ に載ってます。

 

行きつけの美容院がヘアドネーションの賛同美容院で、活動についてはなんとなく知ってはいたものの、楽ちんな短い髪の方が好きなわたしは31cmの壁を中々乗り越えられず。しかしズボラさが幸いしてか、半年程美容院に行かなかったところ程よく毛が伸び、このまま少し頑張ればヘアドネーションできるんじゃないかと思ったわけです。

で、今日担当の美容師さんと相談して、9月まで頑張って伸ばし続けて、ソロモンに行く前にバッサリ切ってやろうじゃん、なんなら派遣中の2年間また伸ばして帰国後ももう1回ヘアドネーションできるじゃん。ということになりました。

 

というか、協力隊とヘアドネーションってきっと結びつきやすいと思うんです。訓練前や派遣前に髪をバッサリ切る人、派遣中の2年間髪を伸ばし続ける人、男女問わず結構いるんじゃないかな。その髪が、捨てられるだけなんてもったいない。

 

どうにか、協力隊の人々に広められないかな。自主講座ってこういう内容で開いてもいいのかしら?そのためにはわたし自身もヘアドネーションについてもっと調べてちゃんと伝えられるようにしないとだけど。でもきっと訓練前に髪を切っちゃう人もいるだろうしなぁ。

うーむ。

 

f:id:hikari0408:20170423224205j:image

今日は父とドライブしてきました。

9月まででどのくらい伸びるかなー!