ぽんのこつ

青年海外協力隊ソロモン看護師隊員の備忘録です。

eye operation

今週は、ホニアラのEYEセンターから医療チームがきて、マキラ中の眼科患者さんをまるっと1週間で手術しています。

わたしの配属先である生活習慣病クリニックと眼科のクリニックは1つの建物にまとまっていて、専門の看護師がそれぞれ1人ずつしかいないので、こういった一大イベントの時にはお互いに手伝っています。
2週間かけて眼科の看護師とわたしのカウンターパートはマキラ中の村を回ってスクリーニング検査をして、手術が必要な人をピックアップし、わたしは1人クリニックにのこって生活習慣病患者と眼科患者の対応をしました。眼科患者さん診れないけれど…。
金曜日から患者さんをトラックやボートで集め、先週の土曜日にホニアラから眼科医1人、看護師3人が到着、日曜日は休日返上で術前検査。わたしは100人以上のバイタルサイン測定と血糖測定とマラリア検査をしました。疲れた。

で、月曜日からは朝から晩までひたすら手術。日本でどのくらいの件数が行われているかわかりませんが、1日に白内障40人のオペをどんどんこなしていく先生すごいです。レンズをツルッと出して入れる白内障のオペがとても面白い。f:id:hikari0408:20180510040525j:imageちょこっとだけお手伝いもさせてもらってます。80歳代の夫婦が2人して手術を受け、翌日、約3年ぶりにお互いの姿を見ることが出来て大喜びで握手するっていう素敵なエピソードもありました。

帰りの飛行機が満席だったため、滞在予定が1日短くなり、マキラ中の患者さんをたった4日間で手術しちゃおうっていう強行スケジュールの中、段取りが悪くて手術室のセッティングがなかなかできず、初日のオペ開始が1時間半送れたり、機械が壊れたりして1時間以上空き時間があったり(今です。暇。)、患者が時間になっても来なかったり、夕方にいきなりどっと来たり、どう考えてもスタッフの数足りないのにさらにサボる人がでてきたり、そんなこんなで終わるのが夜9時すぎになったりしてますが、この1週間はお昼ご飯と夕ご飯を病院のスタッフ(眼科看護師の妻とか勤務が休みの看護師とか)が準備してくれて、もりもり食べて頑張ってます。帰りの夜道も危ないからと総勢7人で家までお見送りしてくれます。ありがたや。

f:id:hikari0408:20180520011935j:image

この眼科オペの1週間は生活習慣病クリニックの診察も中断してしまうので、それはいかがなものかとは思いますが、それでもみんなで力を合わせて頑張るっていいなぁって思わせてくれるアットホームな感じがとっても素敵です。時間の無駄は確かに多いけれど、日本の医療現場や看護師の殺伐とした厳しさのほうがよっぽど無駄じゃないかしらって思えてくるくらい、ソロモンのおおらかさは心地よいです。

洋服の仕立て

ソロモンで売っている服は古着が多いです。
安いものだと$20〜30(300〜450円)程度で購入できます。

教会に行く時がみんな1番気合を入れておしゃれをしますが、その服はだいたい自分で作ったり、仕立ててもらったりしているようです。
ホニアラのセントラルマーケットではおばちゃんたちがお手製のアイランドドレスやアイランドシャツを売っていて、みんなでアイランドドレスを選びあいっこして購入しました。1着$100(1500円)。f:id:hikari0408:20180520005301j:image

 

先輩隊員たちがお揃いの布でシャツやドレスを仕立てて貰ってるのがとっても素敵で、わたしも年末にホニアラに上がった時、布を買ってワンピースとツーピース二種類のドレスを仕立ててもらいました。f:id:hikari0408:20180520005356j:imageキラキラに遊びに来た同期と一緒に着て教会に行きました。


布が1ヤード$20〜40、仕立て代が1着$100なので、だいたい2000円くらいでドレスが作れます。同期でお揃いの布でアイランドシャツも作っているので、完成が楽しみです。

BODY HEALTH SCALE

1月の終わり頃から生活習慣病クリニックで体組成計の使用を始めました。
年齢と身長をセットして測定すると、体重、BMI体脂肪率、筋肉量、内蔵脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢が表示されます。各項目の簡単な説明と継時的に記録結果を書き込めるフォーマットを作成し、毎月の定期的な測定を促しています。f:id:hikari0408:20180520004303j:image

うれしいことが3つ。
その1. 自分自身の健康に興味を持ってもらうため、具体的な数字で見ることのできる体組成計を使い始めましたが、BMI24で甘めに設定して割り出した理想体重より30kg、40kgもオーバーしてたり、体内年齢が実年齢より10歳以上老けていたり、みんな想像以上の不健康ぶりで本人たちもわたしもびっくり。でも食事指導や運動指導に繋げやすくなったし、評判は上々のようで、キラキラに住んでいなくても口コミで測定に来てくれる人も増えて来ました。以前は丸一日患者が誰もこないなんてこともあった生活習慣病クリニックですが、今は20人くらいくることも。
その2. 100kg超の看護師が重度の肥満と実年齢+15歳の体内年齢という結果にショックを受けて、夕飯の炭水化物の減量と早朝のウォーキングを開始、2ヶ月で10kgのダイエットに成功しました。筋肉量はちゃんと維持して、体脂肪率を下げ、腰の痛みがなくなったのと本人もわたしも大喜び。
その3. 近隣の職場への出張健康診断を開始し、血圧、血糖値、体組成計の測定をしました。実施したのは学校、警察、州議会など。州議会の健康診断の翌日には、州を率いるお偉いさん方がいかに不健康で生活習慣病のリスクを抱えてるのか州議会の立派な会議室でプレゼンテーションをさせてもらう機会もあり、とても緊張しましたがいい経験になりました。州知事からストレートな意見と良いアドバイスをありがとうと言ってもらえました。笑

 

これまで150人以上が測定に来てくれて、2回目、3回目と継続して来てくれる人も徐々に増え、やれ体脂肪率が増えただの、やれ体内年齢が若くなっただの、やんややんや患者さんと一緒に一喜一憂して楽しんでます。

現状では、医療者でも生活習慣病に関する知識が十分ではなく患者教育に活用できる媒体もないので、測定結果をちゃんとデータとしてまとめながら、ソロモンの生活習慣病の実情に合わせた生活習慣病対策のパンフレット作りができたらいいねってカウンターパートと話しています。

犬たち

1月にもともと買ってた犬が出産で亡くなり、5匹の子犬を育てている話をブログに書きましたが、やはり生まれたばかりで母犬がいない環境は厳しいらしく、1週間と経たないうちに全員亡くなってしまいました。なかなかしんどく、結構泣いて落ち込みました。
子犬たちはみんな母犬のヌッピーと一緒の場所に埋めました。

f:id:hikari0408:20180520004306j:image2月3日の大雨の日に、全然知らない男の子が突然1匹の黒い子犬を抱えててきて、いるか?と聞かれたので、いります!と答え新しいヌッピーが我が家の一員になりました。
故ヌッピーはスヌーピー・バナナ・キラキラ
新ヌッピーはスヌーピー・フキ・ソルライス
ソルライスはソロモンでシェアNO1(多分)のお米の品種です。たくさんおいしいご飯を食べて大きくなるように。

f:id:hikari0408:20180520004305j:image子犬のヌッピーがきて3日程後、家の周りをちょろちょろする茶色い子犬が。お隣さんの飼い犬ルビーの子供で、なんだかうちに居座るようになりました。はじめは雄だと思っていたので、ルビーjrと名付けたのですが、じつは雌だったのでちょっと略してジュニと呼んでいます。耳が大きくてキツネみたいなので、ルビー・Jr・フォックスと最近決めました。

多分同じくらいの月齢で、ご飯を取り合いながら、というか気の強いジュニがあほなヌッピーのご飯を横取りしながら、2匹は仲良く育ってきました。f:id:hikari0408:20180520004858j:image
でもある朝、ヌッピーが向かいのゲストハウスのケーブルを齧ってカエルみたいな格好で感電死しているのが見つかりました。日頃からあほな子だとは思ってましたが、最期まであほでした。

そんなこんなで、犬を飼ったことのかなったわたしが2ヶ月の間に7匹も犬を看取るというなかなか飛び級で経験値をあげています。
f:id:hikari0408:20180520004307j:image残ったジュニは今度はお母さんのルビーとご飯を取り合いながら元気に暮らしています。お座りと待ては習得したので、今お手を教えてますがなかなか。立派な番犬に育てられるよう頑張ります。

カスタムメディシン

ソロモンにはカスタムメディシン、ホームメディシンなどと呼ばれる民間療法が結構一般的です。

f:id:hikari0408:20180520004249j:imageマーケットで子供が生まれるようになる飲み薬を$40(600円)で売るおじさん。10分くらい色々説明してくれて、購入を勧められたけど、ソロモンにいる間に子供ができちゃうのは非常にまずいので丁重にお断りしました。

f:id:hikari0408:20180520004247j:image生活習慣病クリニックに来た患者さんが見せてくれた糖尿病に効くというお花。週に一回煎じて飲むんだとか。花の色がピンクよりも白のものの方が効くそうです。

わたしのカウンターパートの看護師は生活習慣病の専門看護師ですが、糖尿病のカスタムメディシンは効き目があるって行ってました。本当…?

ソロモンでは怪我や病気になったりしても、特に病院から離れている所に住んでいる場合、数週間、数ヶ月何もせずに寝て過ごして、いよいよひどくなってから病院にくるということが珍しくありません。
その理由の1つには病院にくるのに何時間もトラックやボートに乗らなくてはいけない交通事情があります。
わたしの活動しているマキラウラワ州は、島の中に病院が1つ、あとは30ヶ所程看護師だけが駐在する小さな診療所やただ医薬品の置いてある救護所が点在しています。診療所の看護師はたった1人でその地域のお年寄り〜子供まで診て、そして時には出産介助まで行っていたりして本当にすごいのですが、診療所や救護所であっても医薬品が十分にあるわけではなく、看護師1人でできることは知識的にも技術的にも限られていて、やっぱり医療は不足します。そもそも診療所はあっても看護師が不在で閉鎖されてるところもあるようです。
だからカスタムメディシンが大切にされているのも分かるし、本当に効いてるのかもしれないし、病は気からというからそういった拠り所は必要だと思います。実際、糖尿病患者さんが病院の薬を飲まずにカスタムメディシンと食事療法と運動療法で血糖値のコントロールができるんだとしたらそれが1番です。

ソロモンは医療費がタダです。もし手術や検査のためにトラックやボートでくる必要がある場合はその手配や準備も病院が行います。だから、金銭面を理由に医療を受けられない人はいません。とてもいいことです。でも、だからなのか、病院に来たときに必要のない薬まで欲しがる人が多い印象です。
わたしが困っているのは高齢者に膝が痛いから、アモキシリン(ソロモンでメジャーな広範囲に効く抗生剤)をちょうだいとしょっちゅう言われること。最近は、腫れも赤みも熱感もないあなたの膝が痛いのは感染による炎症なんかじゃなくて、その体重と運動不足のせいだから、まず一緒にストレッチしましょって言って抗生剤の処方は断っていますが。具合が悪くて病院に行くと、なんでもかんでも解熱鎮痛剤とアモキシリンを出してとりあえず様子をみるように言う医療者側に1番問題があるのですが、とにかく抗生剤の適正使用がされてなさすぎて怖い…。

カスタムメディシンと抗生剤が、ちょっと試してみようかな、って同じノリで使われるソロモンで、疾病予防や適切な早期治療に対する意識を持ってもらうことが課題だなと感じています。医療者にも地域住民にも。


ブログの更新をずいぶんとさぼっていた間、活動がとびきり忙しかったわけでもなんでもないのですが、2年間の活動計画はぼちぼち出来上がりました。ソロモンの中でもとくにのんびりしたマキラにいつの間にやらすっかり適合してしまっているわたしですが、ソロモンの健康増進のお手伝いができるよう、サボらず頑張ります。

我が家

自宅について紹介します。

 

協力隊員の住居は基本的には配属先が提供することになっています。住居に関してはJICAの安全基準がいろいろとあり、窓にフェンスがついてることとかドアの施錠が3つ以上とかその他もろもろ条件を満たさなければなりません。ソロモン、とくにキラキラなどの地方にはリーフハウスもまだまだ多く、JICAの安全基準を満たす住居はなかなかありません。

f:id:hikari0408:20180128073219j:imageで、配属先であるキラキラ病院が提供してくれているのが、元州知事の家だった我が家。ベッドルームが3つ、シャワーや水洗トイレのついたとっても大きくて素敵なお家です。2〜3年ほど前から先輩隊員が代々暮らしているので、生活に必要なものは全て揃っていて、特に不自由なく暮らせています。

 

f:id:hikari0408:20180128073218j:imageまずキッチン。ガスコンロが2つとオーブンと冷蔵庫。ガスボンベは自分で交換します。買って持って帰ってくるのが重くて大変です。日本から送ってもらったり、首都で買ってきた調味料たちを大事に大事に使って毎日おいしいご飯を食べています。キラキラではマーケットで軽食的なもの(フィッシュ&チップス、パン、ドーナツなど)は売っていますが、もちろんレストランなんて存在しないので、如何に自炊環境を整え食生活を充実させるか、とても大切です。

 

 

f:id:hikari0408:20180127115505j:imageリビング。広い。キッチンカウンターがありますがすっかり食材の収納スペースです。毎朝、テーブルや床にたくさん落ちているヤモリのフンを掃除するところから始まります。洗濯物もどけずに写真をとったのはご愛嬌。


f:id:hikari0408:20180127124814j:imageバスルーム。お風呂というかシャワー。シャワーヘッドは付いてません。蛇口も機能しません。ホースから絶え間なくでる水を浴びます。使わないときは、紐でホースを縛ります。トイレは至って普通の水洗トイレです。

 

f:id:hikari0408:20180128053842j:image廊下。電球が切れていますが、天井が高すぎて交換できません。あとなぜかたまに床から水が出て来ます。病院に修理を依頼してますが、ソロモンタイムゆえ、なかなか事が進みません。生活に支障がないので、まあいいとしましょう。ところどころタイルの色が違う理由は知りません。

 

f:id:hikari0408:20180128073216j:imagef:id:hikari0408:20180128073157j:imageベッドルーム。マラリア対策に蚊帳必須。部屋の中に収納スペースが一切ないことだけが残念なポイント。でも首都で買った壁掛けの洋服入れが大活躍してくれています。ソファーの上にあるのはJICAから支給される防犯用メガフォンです。

 

f:id:hikari0408:20180309011131j:image正面玄関。バルコニーのタイルが取れかかっています。外側から鍵が掛けられないので、出入りは勝手口から。たまーに夜中、酔っ払いがきてノックされますが居留守を決め込みます。

 

f:id:hikari0408:20180312221413j:image勝手口とレインタンク。水道の水は川から直接引いてる水なので、雨の日は濁ります。料理や飲み水はレインタンクを使います。所詮これも屋根を伝って溜まった雨水ですが、とくにお腹を壊すこともなく過ごしています。


f:id:hikari0408:20180309011153j:image庭。生ゴミは庭の端っこへポイ、その他のゴミは別の端っこで燃やします。パイナップルが3つ生えていて収穫を楽しみにしてたのですが、いつの間にやら盗まれていました。我が家は通りに面していて、いろんな人が近道で庭を通り抜けて行くので小道ができてます。雑草が伸びていると、隣人から草刈りをしなさいと言われます。草刈りは病院のクリーナーさんに頼んでしてもらいます。お礼は缶ビール。ソロモンのお宅はみんなお庭の手入れがしっかりされていて、とてもきれいです。わたしもちゃんとお花植えたり野菜植えたりしたいです…そのうち。 

 

f:id:hikari0408:20180127125154j:image

日本ではずっと実家のマンション暮らしだったので、初めての一軒家、初めての1人暮らし(正確には今はまだ先輩隊員と2人暮らし)に毎日わくわくしています。大きすぎて掃除に時間が掛かるし、写真と文章で見返すといろいろ粗が見えますが、住めば都。2年間のんびり楽しく暮らしていきます。

こどもたち

最近、家に帰るとドアの前にプレゼントがあることが。f:id:hikari0408:20180309011437j:image近所の子供達がお花やココナツリーフで作った小物をせっせと置いてくれてるらしいのです。素敵。

 

毎日裸足と裸で走り回って海で泳ぐ。
朝でも昼でも夜でも「オハヨー!」と元気にご挨拶。
ココナツリーフではとっても上手にカゴやボールやうちわを編めるのに、折り紙は下手っぴ。
おもむろに庭から葉っぱを持ってきて、(強制的に)料理の仕方を教えてくれる。包丁の持ち方から指導してくれる熱血ぶり。
サトウキビの皮を歯で齧りとるたくましさ。
木登りがとっても上手で、スターフルーツグアバを採ってくれる。
ソファでお昼寝してるとそっと添い寝してくる。
白髪を発見して、嬉しそうに抜いてくれる。
一緒にお散歩に行くと「セキュリティする!」と前後左右を固めてくれる。
飼い犬が亡くなって泣いてたら、「スヌーピーが死んじゃった〜ららら〜♪」と即興の歌で慰めてくれる。
父、母、兄、姉の名前を執拗に聞いてくる。で、毎回教えるも一向に覚えない。
最初は目も合わせてくれない程シャイだけど、慣れるといきなり抱きついてきたりほっぺにチューをしてくるくらい人懐っこい。f:id:hikari0408:20180312221216j:image

そんなキラキラのかわいい小さなお友達が大好きです。あとは、同僚以外の大きなお友達も増えるようにがんばります。