ぽんのこつ

青年海外協力隊ソロモン看護師隊員の備忘録です。

派遣前訓練 31日目 (7/31〜8/6)

 

もう1ヶ月経ってしまいました。眠気や疲労感と戦ったり、いろんな締め切りに追われたりしながらどんどん日にちが過ぎていきます。

今週は生活技法委員のリハーサルをやったり、スタッフさんとの中間面談があったり、日本人研究の発表会があったりと、相変わらず忙しい日々でした。

語学ではテクニカルクラスの2回目の40分間のプレゼンテーションがあって、音楽を使って肥満患者へのエクササイズの指導をやりました。

昨日の講座は任国事情と職種別活セミナーで、ソロモンOVや看護師OVから直接話を聞くことができてとても参考になりました。不安ももちろんありますが、早くキラキラに行きたくてわくわくします!

 

いつもいつも忙しいアピールしてますが、もちろん遊んだり、好きなことをして過ごす時間もあります。今週はバトミントン、フットサル、三線体験、テニスなどに参加してだいぶ楽しみました。f:id:hikari0408:20170806070109j:image

先週の日曜日には訓練生御用達のベルシャインに行って、風鈴を買いました。ちょっとだけ夏を実感してます。f:id:hikari0408:20170806065456j:image

 

そしてSVさんの訓練は35日間で、8/9に修了になるので、今はせっせとお礼のカード作りをしてます。写真はソロモンのSVさんへ。同期の子が描いてくれたみんなの似顔絵を使わせてもらいました。f:id:hikari0408:20170806004257j:imagetanggio tumasってピジン語(ソロモンの現地語)でthank you very muchです。

 

月曜日には語学の中間試験があります。英語はクラスのレベル毎に違うテストを受けます。ピジン語覚えてる場合じゃありません。

派遣前訓練 24日目(7/17〜7/30)

あっという間に7月が終わり、派遣前訓練も4週目突入です。

 

訓練の1日の流れは

6:30〜朝の集い

7:20〜朝ごはん

8:45〜語学ホームクラス

11:40〜お昼ごはん

13:00〜語学テクニカルクラス

15:00〜講座や語学自習

18:00〜夕ごはん

19:00〜委員会や自主講座

といった感じです。

お昼休みにも委員会があったり職種の説明会があったりするので忙しいです。水、土、日は22時まで、それ以外は19時まで外出できますが、実際平日に外出できる余裕はあんまりないです。水曜日はちゃっかり飲みに行ってきましたが。

 

朝の集いではラジオ体操と体育委員さんによる簡単な運動とランニング(orウォーキング)をしていますが、最近慣れてきたのか3.2キロコースを楽しく走れるようになってきました。

語学ではレベル別のホームクラスと職種別のテクニカルクラスというのがあります。英語は他の言語よりテクニカルクラスの開始が早く、授業数もだいぶ多いです。ホームクラスは先生によって内容も進行もまちまちですが、simonはgrammar<speakingなので、週1回40分のプレゼン、エッセイの話し合い、すごろく(フリートーク)などしております。楽しく学びなさいと言われ、授業中はみんなまじめにふざけてます。

テクニカルクラスは似た職種ごとにクラス分けされて、任国で行うことを想定したプレゼンテーションがメインです。わたしのクラスは看護師3人、助産師1人、感染者対策1人の5人です。

7/18にテクニカルクラスが始まってから、40分のプレゼンを週2回やることになり、しんどいです。いっつも発表前日になってひーひー言ってるので、なんでもぎりぎりにならないと頑張れない性格を直したいです。常に宿題に追われています。

語学のホームクラスごとに日本人研究というのをするのですが、わたしのクラスはお葬式をテーマにしてムービー作ってます。発表が楽しみです。

講座では貿易ゲームやプレゼンテーション、ファシリテーションなどたくさんグループワークがあって、いろんな人の考えを知ることができて面白いです。みんな濃いです。

スタッフさんの自主講座でソーラン節も踊りました。 

生活技法委員は野外訓練で講座を担当するのですが、わたしは熱中症についての話とエコクーラー作りをする予定です。どうなることやら。準備頑張ります。

 

虫は割と大丈夫なんですが、駒ヶ根はびっくりするほど大きな虫がいます。ブログを書くときは大体暗い部屋でベッドに寝っ転がっているのですが、そうするとどこからともなく小さな羽虫がスマホのライトに吸い寄せられるようにやってきます。

 

 f:id:hikari0408:20170730102350j:image

部屋の机。勉強してる風ですが、共有フォルダのみんなの写真見てるだけです。

 

今日はこれから初めて自転車で下界(駅前)に行く予定です!

派遣前訓練 11日目 (7/10-7/16)

派遣前訓練2回目の日曜日が終わろうとしています。

早い。けど濃い。

 

simon classはプレゼンテーションとシャドーイングとエッセイを重視していて、とにかく喋りなさいという方針なので、とても楽しいです。ブロークンイングリッシュもいいとこです。

プレゼンテーションは毎週1人1回ずつ、先生役として一コマ授業を進めなきゃいけないので準備が大変ですが、simonが必ずwell doneと言ってくれるので頑張れます。プレゼンテーションもクラスの6人の個性があって、英語の授業なのにミャンマー語の練習してみたり、みんなで合唱したり。

エッセイは4ページ手書き。先週のテーマはthe road to KTC(志望動機)で、今週は尊敬する人について。ものすごーくたくさんの赤ペン先生が入ります。

 

午後の講座では、体力講座があって、simonに頑張りすぎないようにと言われましたが、案の定頑張っちゃって、A判定でした。

あとは救急法の講座で久しぶりに心肺蘇生しました。気合い入りました。

 浴衣の着付けの自主講座も開催しました。着物の着付けができる子が講師をしてくれて、わたしはお手伝いしただけですが。無事終わってよかったです。

 

土曜日の夕方まで授業みっちりで外出する時間も限られているのでお休みがとっても待ち遠しいです。昨日の夜は浴衣を着て宮田祇園祭りへ行って、五平餅と牛串とりんご飴とたこ焼きを食べました。今日は朝からランニック(ランニング×ピクニックだそうです!初耳!)に参加して10キロ走って、ちょっと川遊びしてソフトクリーム食べました。お昼は駒ケ岳SAのソースかつ丼食べました。おやつにメロンパンも買いました。

原因がさっぱりわかりませんが、駒ヶ根に来てから2キロ程太ってます。

f:id:hikari0408:20170716232925j:image

f:id:hikari0408:20170716232906j:image

以上です。

派遣前訓練 4日目 (7/6-7/9)

ついに7/6より派遣前訓練がはじまりました。

初日からばたばたとあっという間に過ぎていき、今日は初めての休日です。

ここまでの流れをざっくり。

 

【1日目】

7:35新宿発のバスで駒ヶ根へ。うっかりバスの予約を出発3日前までサボってたら、乗るつもりだった一本後ろのバスはもう席がなかったので、ご予約はお早めに。駒ヶ根訓練所について、重いスーツケースや郵送した段ボールを4階まで必死に運んで、せっせと荷物の整理。片付かないままオリエンテーションや生活班ミーティングへ。部屋の並びも生活班も名前順でした。委員会決めもあり、生活技法委員というものに立候補してみました。野外訓練楽しみです。

 

【2日目】

6:30から朝の集い。人員確認、国旗掲揚、ラジオ体操、体力維持。ランニングコースは2.4キロ、2.8キロ、3.2キロの3コースがあって、張り切って3.2キロ走ってみましたが、ニート生活でたるんだ体には結構しんどかったです。できるだけ続けます。午前中はオリエンテーションとスタッフ、講師紹介と入社式。午後はいよいよ語学のクラス編成テスト。英語はリスニング35分、ライティング60分とスピーキングちょろっと。夜にはクラス編成と担当の先生が発表されます。そして自己紹介。楽しかったけど、190人の自己紹介はやっぱり長い。予定通りに終わらず、夕飯のあともまた集合して自己紹介の続きをしました。7/7七夕だったので、何人かで中庭に天の川ツアーに行きましたが、さっぱり見えませんでした。 

 

【3日目】

 坂に苦しみながらもなんとか3.2キロ走りました。朝の集いのあと急いでシャワー浴びて、朝ごはん食べて、英語のhome classへ。メンバーは6人、担当はsimon先生でした。みんななんだかんだペラペラ喋っていて、すごい。がんばらないと。午後は目標管理の講座。目標設定の意義や具体的な手法を学べて、すごくためになった。夜ご飯のあと、ソロモンメンバー10人で飲みへ。みんなといろいろ話せてとても楽しかった!居酒屋亀八は5人以上いれば送迎バスを出してくれます。ありがたや。

 

【4日目】

唯一の休日!でもみんな早くからテニスしたり、ランニングしたりパワフル…。あとは自転車でベルシャインやマツキヨに行った人、養命酒工場見学に行った人、県内の実家に帰る人など様々な過ごし方をしているようでした。わたしは朝ごはん食べて、洗濯して、図書館行って(医療系の本あまりなかった)、ちょっと課題やって、お昼食べて、班員とおしゃべりして、ちょっと勉強して、合気道の師範であるSVが開催してくれた護身術講座に参加して、開催が決まった自主講座などの準備をし、夕食を食べて 、ぼーっとしながら勉強して、今日発足したKTCヨガ会で満月ヨガを教えてもらって、すっきり!お風呂入って、洗濯物片付けて、明日の準備して寝ます。

 

 

2次隊は190人、その内SVさんが50人ちょっといます。

分刻みのスケジュールはなかなか忙しく、語学が本格的にはじまったらどうなるんだ…と不安ですが今の所楽しく過ごせています。しばらくブログを書く余裕はなさそうですが。

 

青年海外協力隊合格に向けてした10のこと

 

わたしが青年海外協力隊を知ったのは中学生のとき。教科書に載っていた渡辺啓子さんの「無医村のやさしい人々」という話を読んで、漠然と憧れを抱きました。そんな憧れはすっかり忘れていましたが、親に勧められて看護学部に入学し、実習や国家試験をなんとなく乗り切り、そのまま付属の大学病院に就職し、このままでいいのかなーと思っていたところに、青年海外協力隊の説明会の中吊り広告を見つけました。その説明会で、看護師隊員として活動された方から直接お話を伺う機会があり、中学生の時の憧れの気持ちを思い出し、青年海外協力隊の合格がわたしの目標のひとつになりました。

協力隊の受験を決めたのが看護師1年目の春。初めて受験したのは看護師4年目の2016年春募集で結果は登録(補欠合格みたいなもので、結局繰り上がらず)、2回目の受験の2016年秋募集で合格することができました。

合格に向けて何か特別なことをしていたわけではないけれど、受験を決めてから合格までの4年間わたしがしていたことを書いてみます。

 

 

①実務経験3年

まず看護職の要請で大体必要とされる臨床経験3年以上を満たすため、大学病院に3年勤めました。経験がなくても良い要請も少ないけどあるし、逆に看護教育の要請などは5年以上の経験を求められます。実際、3年の勤務では経験としては十分とは言えないけれど、とりあえず条件を満たすことはできました。

 

②受験のための転職

協力隊の受験に対して理解を得られにくいこと、冠婚葬祭以外の希望休はほぼ出せないこと(シフトが出た後で協力隊の2次試験の日程が決まっても休める確証はない)、心身が忙殺される勤務の中3時間以上の残業が当たり前で帰宅するころにはヘトヘトになってしまうこと、年度末以外の退職は原則認めないこと…などの理由から大学病院で勤務をしながらの受験は厳しいなと思い転職を決意しました。同じ環境でも仕事と勉強と受験ときちんとこなしている方はたくさんいると思いますが、わたしには自分の時間が必要だったので、 3年目の夏に転職サイトに登録し、基本土日祝休み、残業なしの訪問看護ステーションに翌年4月に転職しました。

 

③親の説得

3兄妹の末っ子としてだいぶ野放しに育てられた私ですが、協力隊受験のことを両親に話すと、父親は協力隊員の事件や事故について色々調べて、せっせと私に教えてくれました。4年掛けてじわりじわり説得し、合格通知をもらう頃には反対しても無駄だなと理解してもらえました。1人では絶対頑張れないので、家族の理解は必須です。

 

④貯金

実家から通って大学病院で働いていたため貯金は比較的しやすい環境だったので、せっせと定額貯金してました。ニート期間に入ってからスリランカ、スペイン、北海道旅行に行ったりと自由に楽しめて、派遣後もすぐには困らない程度には余裕はあります。でも派遣の準備をする今、新たに買うものや年金などの出費の多さに愕然としております。準備に掛かったお金についてはまた書きたいと思います。

 

⑤説明会に参加してモチベーションを保つ

受験を決めてから、実務経験を積む3年間も定期的にJICAの説明会に参加していました。ホームページに説明会毎のイベントや参加予定の協力隊OBの情報が載っているので、看護職の人の話を聞きに行ったり、女子トークみたいなイベントに参加していました。日々の勤務が忙しすぎてついついやりたいことを忘れてしまいがちでしたが、説明会で直接話を聞くことで、自分のやりたいこと、わくわくすることは何かを思い出しモチベーションを保てていました。後述しますが、説明会ではいろんな人と出会いがあり、この人たちなしにはわたしの合格はなかっただろうと思うほどです。

 

⑥友達(受験仲間)をつくる

受験仲間は作ろうと思っていたわけではなかったのですが、協力隊の説明会で近くにいた子と偶然仲良くなりました。身近に受験仲間ができたことで、お互いに励まし合ったり、情報交換したり、2次試験前に面接の練習を一緒にしたり。その子は2016年春募集でHIV隊員に合格し、今はもうガーナで活動しています。その子が先に合格したからこそ自分の合格への意識も強くなったし、今後も派遣国は遠くてもその子の存在が活動の大きな励みになることは間違いないと思います。

 

⑦協力隊OBとの繋がりをつくる

これも偶然です、本当に周りの人に恵まれたなと思います。説明会で看護職の方の話を最後まで聞いていたのが私と上に挙げた受験仲間の子の2人だったんですが、ちょっとしたきっかけでそのまま3人でご飯に行くことになり、そこからずっとお世話になっています。たくさんのことを教えて頂いたり、国際保健のセミナーに誘って頂いたり、他の協力隊OBや同期になる協力隊員を紹介して頂いたり…このOBさんのおかげでわたしは国際保健や国際協力への一歩を踏み出すことができ、協力隊に合格できました。人との出会いって大切です。活動を精一杯することが恩返しになると思うので頑張ります。

 

⑧国際保健基礎講座、セミナーに参加する

OBの方に教えて頂いて、去年1年間、いろんなセミナーに参加しました。国際保健に最前線で携わっている方の講義やお話を聞けたり、ワークショップで色んなことを学んだり、新たな受験仲間を見つけたり、すごく有意義で楽しい時間を過ごすことができました。NCGMで開催されている国際保健基礎講座(http://kyokuhp.ncgm.go.jp/2017nendokeikaku0420.pdf)は、初心者にも分かりやすく国際保健の基礎が学べる全10回のコースで、医療職以外の人も参加していて、とても雰囲気が良く、おまけに受講料が1000円(学生は500円!)と安いので、とってもお勧めです。毎回違うテーマなので、興味のあるものだけ参加することもできます。わたしは8回参加したので修了証を頂けました。こういったセミナーは土日に開催されることが圧倒的に多いので、転職して正解でした。

 

⑨協力隊についてまわりに話す

家族や親しい友人に協力隊の受験についてや自分のやりたいことを話すようにしていました。人に話すことで自分の知識や考えが整理されるし、なぜやりたいのか、何がやりたいのかということが明確になりました。あとはこれだけ公言しておいて合格すらできなかったらダサいよと、自分にプレッシャーを与えました。

 

⑩協力隊のブログを読む

協力隊のブログはたくさんあるので、ちょこちょこ読んでいました。特に現在進行形で活動してる人のブログを読むのは憧れとテンションとモチベーションアップに効果的でした。あとは2次試験前にもたくさんお世話になりました。今もよく派遣前の準備についてのブログを検索してます。助かります。皆さん読みやすくて、面白いブログを書いていてすごいなぁと思うばかりです。

 

どうも自分の思うことを文書にすると長くなっちゃっていかんなと思います。今後の課題です。

 

そんなこんなでいよいよ7/6から派遣前訓練です。どきどきわくわく。準備進んでません。事前課題のレポートも本当にギリッギリ提出でした。なんならアウトだったかもしれません。

f:id:hikari0408:20170704022301j:image

 f:id:hikari0408:20170704023838j:image

荷物はスーツケース1つとリュック1つと郵送する段ボール1つ。シャンプー、本、靴など重くてかさばるものは郵送にします。

色んな人のブログを参考にしながら準備して、思ったよりは少なく済んだのですが、スーツケース半分が衣類とタオルで埋まったのは普通のことなんだろうか…?まだ持ち上げていないので、重さにも不安が残ります。

そういえばスペイン旅行の帰りもスーツケースがまさかの8キロオーバーで大変でした。手荷物で12キロ持って帰ってきました。

ツアーナース

 ニートっぷりも板についてきたところですが、勤労の義務も果たさないとということで、看護師の派遣会社に登録して、ツアーナースやってきました。


今回は小学校5年生と2泊3日の移動教室。
守秘義務に反しない程度にお伝えします。

【参加者】
児童60人弱(2クラス)、校長先生、担任の先生2人、補助員(大学生)2人、看護師(私)1人

【日程】
◯打ち合せ
移動教室の1週間くらい前に学校で担任の先生方と事前打ち合わせ。しおりをみながら児童数、健康状況(アレルギー、持参する薬など)、持ち物、集合時間などを確認。

◯1日目
06:15 職員集合(早い。始発の次の電車に乗った。)
06:45 児童集合、出発式

07:00 学校出発
10:30 現地到着、登山開始
12:00 山頂にて昼食
14:00 宿舎到着
16:30 児童入浴
18:00 夕食
19:00 肝試し(校長先生の話が怖くて脱落者続出)
21:00 消灯
21:30 職員会議
23:00 入浴
24:00 就寝

◯2日目
05:40 起床
06:00 児童起床
06:30 朝会
07:30 朝食
08:40 ウォークラリー出発
10:00 牧場到着(乳搾り、乗馬体験)
12:00 昼食、ソフトクリーム
14:00 宿舎に戻る
15:00 木工体験
16:30 児童入浴
18:00 夕食
19:30 キャンプファイヤー
21:00 消灯
21:30 職員会議
23:00 入浴
01:15 就寝(頑張っても看護記録終わらず)

◯3日目
05:15 起床
06:00 児童起床
06:30 朝会
07:00 朝食
08:00 部屋の片づけ、掃除
09:00 宿舎内レクリエーション
11:00 昼食
11:45 退園式
12:00 宿舎出発
15:30 学校到着、帰校式
16:10 職員反省会
16:45 養護教諭へ引き継ぎ
17:00 解散

【看護師の業務】
①怪我人の対応(捻挫、靴擦れ、鼻血、切り傷、火傷など)
②体調不良者の対応(熱中症、発熱、悪心嘔吐、頭痛、腹痛、咳など)
③重たい救護バックを持って登山しつつ、列から遅れた子を励まし登らせる
④入浴後の牛乳配り
⑤肝試し参加できない子達(20人弱)と別室で待機(ブラックジャック教えたら大ウケだった)
⑥職員会議で1日の健康状況を報告
⑦病院受診付き添い、保護者への報告
⑧朝、寝る前に児童が記載する健康の記録で体温、体調チェック
⑨看護記録、救護記録(重傷者に対する処置内容)の記載

【ハプニング】
はじめてのツアーナース。捻挫や発熱は予想の範囲内でしたが、想定外のことも2件ほど。
▶︎喘息発作
おそらく動物アレルギーからの誘発で起きたと思われる喘息発作。気が付いたらめっちゃヒューヒュー言ってる。でも吸入薬なんて持っていない、なぜならその子大きい喘息発作を起こしたことなんてないから…!保護者に電話で受診の了承を得て、宿舎の方に車で10分程の病院へ連れて行ってもらう。速攻で吸入と点滴を開始し、40分ほどで症状は改善したので一安心。吸入薬と内服薬をたくさん処方され、小児科への紹介状をもらって、宿舎へ戻る。先生方に状況報告、保護者に電話で説明、本人と保護者が電話で話してその日のうちに新幹線で帰宅することに。夕飯も食べずに保護者が迎えにくる駅まで宿舎から車で片道1時間半掛けて送り、保護者へ薬の説明をして引き渡し、宿舎に戻ったのは9時近く。先生方が夕飯のカレーを取っておいてくれてありがたかった。すーごい疲れた。
▶︎失禁
これは内容があれなんで詳しく書かないけど、帰りのバスで急にお腹がピーピーになってしまった子がいて、最後までバタバタだった。

【まとめ】
基本的には楽しかったけれど、重傷者も出て思っていたよりはハードだった。派遣会社から、登山があるので体力のある方をと言われていたけどこれは本当にそうだなと。単純に登山だけが辛いんじゃなく、怪我人の対応のため走り回ったり、朝早くから夜遅くまで、(今回はいなかったけど)体調不良者がいれば深夜まで対応したり、小学生が元気すぎたり。あとは看護記録が意外とめんどくさい。興奮した小学生の鼻血についてSOAPで記載するなんて無理。給料は日給制で、金額だけみたら悪くはないけど、重傷者や深夜の対応があったとしても手当があるわけじゃないから、何事もなく夜ぐっすり眠れた時と時給換算で比較してしまうと微妙かも。あとは先生方との連携必須なので、ここが上手くいかないと大分辛い。今回は校長先生、担任の先生、補助員の先生、宿舎の方、学校にいた養護の先生がみんな親切で優しかったのでとても仕事しやすかった。すごくオススメとは言えないけど、経験として、やって良かったなぁと思う。
次回は中学生と2泊3日の林間学校!どうなることやら。

よさこい

友達に誘われて、湘南よさこい祭りに参加してきました。

ダンス未経験だったけど、3ヶ月の練習期間を経て本番へ。とにかく楽しかったー。

いろんな繋がりで30人が集まり、振り付けはもちろん、楽曲、歌、掛け声、衣装、メイクすべてメンバーのオリジナル、手作り。優しくて、楽しくて、よく飲んで、よく笑って、すごい人たちに囲まれて参加できてとても良い経験となりました。あとは代表者T様のリーダーシップが素晴らしすぎて、とてもとても勉強になりました。

f:id:hikari0408:20170611053213j:imagef:id:hikari0408:20170611055249j:imagef:id:hikari0408:20170611053316j:image

希響(ききょう)というチームですので、よかったらYouTubeで動画観てみてください。ストリートでの側転7回、頑張りました。

 

ダンスは世界共通のコミュニーケーションツールなんていうもんだから、一芸身につけられたらいいなーくらいの気持ちで参加したけど、ぜひまたやりたい!ということで、一応訓練所とソロモンにも鳴子持って行ってみます。使うのか…?